空手をやるのには


運動能力


が低いとダメなのか?
いいえ、運動能力が低くても問題ありません。

もちろん身体を動かすことですから、運動能力の高い方が早く上達しますし、試合に出ることを考えれば若くて、体力のある方が有利です。
けれど空手をあくまでも武道として考えるならば、稽古をずっと続けていくことの方が重要なのです。
戦う相手は他人ではなく、サボりたくなる自分なのです。
稽古を「続ける」のに素質はいりません。コツコツと積み重ねていく「ヤル気」の問題だけです。
しかも、どんくさくて上達が遅いと自覚している人の方が、何度も繰り返さなければ出来ないということを知っているので、一つの技を繰り返し稽古し続け、結局は他の者より強くなっていくことが多いのは、多くの指導者が感じていることです。
目先の強さに捉われて、手っ取り早く強くなりたいだけの人にとっては運動能力の良し悪しは重要かも知れませんが、本当に自分自身を(心も身体も)強くしたいと思っている人にとって、空手を学ぶことは非常に有用であると思います。
また空手道場の独特な雰囲気が何となく怖く感じるという人も多いようです。
その原因の多くは武道の世界にある上下関係にあるようですが、これもそんなに心配することはありません。
目上の人に対する礼儀はどこでも必要なものですから、それを学ぶ場だと考えればよいのです。
もう少し詳しい話はこちらへどうぞ


inserted by FC2 system