有段者紹介

工藤

工藤 康弘 クドウ ヤスヒロ 五段 四條畷支部 支部長

他流派で茶帯まで取得するも上達への限界を感じて退会し、しばらくのブランクの後、鳳雛会の門を叩く。 白帯からやり直し、基礎を積み上げた後より試合でも上位入賞を収めるようになる。 全日本大会を含め、各種大会へ果敢に挑戦し好成績を残す。試合で対戦し、勝利を収めた相手には他団体の全日本チャンピオンや世界チャンピオンも含まれている。 試合出場を継続しながらも結果のみを追い求めることから離れ、試合内容に自らの空手理念を生かすことに目標をシフトさせ、それを後進の指導へ生かすことを考えた空手を行い始めている。

外崎功

外崎 功 ソトザキ イサオ 参段

若い頃に少し他流の経験を持つも長い間中断していた。息子が空手を始めたことで自分も稽古を再開し、コツコツと努力を重ねて黒帯を取得。稽古を怠らず続け、三段位まで取得する。壮年部ながら稽古では若手の黒帯とも対等に組手をこなし、技術的にはかなり高いレベルにまで達している。日々の鍛錬を怠らないさまは壮年部の古参として他の者の見本となっている。

金山

金山 明 カナヤマ アキラ 参段

若い頃よりいくつかの流派で稽古を行っていたが、仕事の都合などにより中断。50才を越えてから鳳雛会を知り、再度空手の道を志す。積極的に稽古を積み重ね、壮年部とはいえフルコンタクトの大会にも出場し、上位入賞も果たしている。熱い情熱を持って努力を続けパワフルな組手をこなす姿には若手にも見習うべきところが多い。

外崎勇士

外崎 勇士 ソトザキ ユウジ 弐段

幼少の頃より空手を始め、長いキャリアを積む中で技を磨き、変化に富んだ蹴り技は全日本トップレベルの技術を持つ。軽量級のタイトルを狙えるだけの実力は持っており、社会人になっても休まず稽古を続け、仕事と両立させる中で積極的に大会へも挑戦している。

田中

田中 仁 タナカ ジン 弐段

初めは他流で稽古していたが自分の求めていたものとは違うと気付き、他の道場を探している中で鳳雛会を知り入会。技術的な向上心が高く、古流柔術や他流の道場でも研鑽を積む。昇段したことで、それらをいかに自分の空手に融合させるのかということを課題に稽古に励んでいる。

脇田洋崇

脇田 洋崇 ワキダ ヒロタカ 弐段

社会人となり結婚した後に鳳雛会へ入門。ウェイトトレーニングによる体作りも怠らず地力を付けた上で、力任せではない間合いとタイミングを活かした組手を目指している。武器術も鍛錬するようになり、弐段に昇段を果たしたことで更に上のレベルの空手ができるよう稽古に励んでいる。

足立

足立 洋二 アダチ ヨウジ 初段 東大阪支部 支部長

高校生の時に学校で空手を始める。途中、道場から足が遠のくこともあったが、結婚して子供も生まれ、生活が安定したのを機に本腰を入れて稽古を再開。稽古量と比例してメキメキと実力をつけ、大会でも好成績を収めるようになり、長年の目標であった黒帯をついに取得した。これからの活躍が期待されている一人である。

鹿島

鹿島 一嗣 カシマ カズシ 初段

高校生の時にはラグビー部に所属。引退後に空手を始める。大学では柔道部に席をおきながら空手の稽古も続け、生来の気の強さと驚くべき持久力で、初級レベルの大会では常に上位入賞を果たす。柔道部との並行のため体力的な面で問題はないが、空手の技術的な稽古が多少不足気味であった。しかし、コツコツと努力を続けついに黒帯を取得。黒帯の自覚を持って本格的に稽古を積めば、レベルの高い大会でも上位を狙える可能性を持っている。

荒砂

荒砂 浩志 アラスナ コウジ 初段

息子と共に入会して空手を始める。初めは子供の付き添い程度の気持ちであったのが、生来の気の強さに合ったのか徐々に自分の方が本気で取り組むようになる。高校時代にバスケット部で活躍していた身体能力を生かし、大会でも好成績を上げるようになってきた。天性のバネに加えて技術レベルも伸びてきているので、まだまだこれからの活躍が期待されている。

聖好

兵頭 聖好 ヒョウドウ セイコウ 初段

初めは子供の体験入会に一緒に付いてきただけであったが、子供よりも自分が空手の面白さに魅かれて入会する。男性陣に交じって修行に励み、組手でケガをしても乗り越えて稽古を続ける。試割りや十人組手も一般部と同等の審査をこなし、ついに昇段を果たす。技の理解を確実に行い、丁寧な説明は後輩からわかりやすいと評判を呼んでいる。これから更に奥深い空手の道の探求すべく稽古に励んでいる。

青木

青木 永一 アオキ エイイチ 初段

会社を経営し仕事に追われる毎日であったが、一念発起して昔から憧れていた空手を始める。息子も入会させて一緒に汗を流し、時間の許す限り他支部にも出向いて稽古に励む。ジムでの肉体トレーニングも怠らず大会でも好成績を収めるようになる。今一歩のところで諦めてしまう気の弱さを克服し、昇段審査でも最後まで諦めずに十人組手を完遂。常に向上心を持って稽古に取り組み、更に上のレベルを目指している。

安川

安川 智晴 ヤスカワ トモハル 初段

元々は九州の出身だが仕事で東京へ赴任し、更に大阪へ転勤。そこで子供と共に鳳雛会へ入門。他流を少し経験してはいたが白帯からやり直し、忙しい仕事の合間を縫って稽古に励む。大会等でも好成績を収めるようになり、技術的にも上達してきたことでついに昇段を果たす。軽量級ながらも大きな相手を向うに回し、多彩な攻めを繰り出す動きで他の軽量級の道場生にとって模範となる組手を見せている。これから更に研鑽を積み修行に励む意欲を見せている。

高橋

高橋 潔充 タカハシ キヨミツ 初段

高校時代からの友人である荒砂が空手を始めたことに刺激を受け、自らも入会して稽古を始める。試合にも積極的に参戦していたが、稽古中のアクシデントで怪我をすることが重なる。その影響で昇級も中々進まなかったが、腐ることなくコツコツと稽古を続けついに昇段を果たす。恵まれた体を生かした上での柔らかい動きの組手を行い、これからの活躍が期待されている。

岩谷

岩谷 幸祐 イワタニ コウスケ 初段

司法書士事務所を構え仕事に追われていたが、若い時より憧れていた空手を始める。一つひとつの技を理解しながら稽古を続けることで着実に力を付け、大会でも入賞するようになる。今回、昇段を果たしたが更に上達を目指し、厳しく稽古を積む意欲を持っている。

立野

立野 公男 タテノ キミオ 初段

他流で黒帯を取得していたが、研鑽を積むため鳳雛会に移籍。白帯からやり直し大会でも好成績を上げ始める。しかし、黒帯に挑戦する直前に試合で右腕を骨折してしまう。完治までに日時を要し、満足に動けない日々が続いたが諦めることなく鍛錬を続け、ついに初段を取得する。正確な技術を元に更に上のレベルを目指して稽古を重ねている。




inserted by FC2 system